本文へスキップ

 プリンセスロード情報(じょうほう)エリア

 姫路(ひめじ)くらしの便利帳(べんりちょう) 


一緒(いっしょ)(まち)()かけるために
(くるま)いすの()(かた)(など)

★ ★ 障害(しょうがい)のある(ひと)出会(であ)ったら… ★ ★

 

(だれ)もが安心(あんしん)して()かけるには、まちの設備(せつび)(くわ)えて一緒(いっしょ)()かける(ひと)()えていくことが必要(ひつよう)です。

まずは、(くるま)いすを利用(りよう)している(かた)一緒(いっしょ)()かける方法(ほうほう)留意点(りゅういてん)をご紹介(しょうかい)します。

 

(くるま)いすを()

 

写真(しゃしん)のように、(かさ)()つくらいの(ちから)で、ハンドグリップを()ち、(まえ)のほうを()て、(すす)みます。

もし、もう一人(ひとり)いるようなら、(くるま)いすの(ひと)(となり)(はなし)をしながら、(ある)くと(こころ)のバリアフリ―につながります。

 

 

キャスター(前輪)上げ

 

写真(しゃしん)のように、グレーチング((みぞ)のふた)のすきまにキャスター(前輪(ぜんりん))がはまってしまうことがよくあります。

そういう(とき)は、(した)写真(しゃしん)のようにキャスター()げで(すす)みます。キャスター()げは、段差(だんさ)やじゃり(みち)などにも活用(かつよう)します。

 

1) ティッピングバーを()むと同時(どうじ)にハンドグリップを後方(こうほう)()げます。利用者(りようしゃ)不快(ふかい)(かん)じない程度(ていど)のスピードで手早(てばや)操作(そうさ)するのがポイントです。

2) キャスターを()かしたまま、後輪(こうりん)だけでバランスをとって(すす)みます。

 

写真(しゃしん)のように(なな)めに横断(おうだん)しても、スムーズに(すす)むことができます。

 

 

段差(だんさ)()がり(かた)

 

1) ティッピングバーを()んで前輪(ぜんりん)()げ、キャスター()げのまま、(まえ)(すす)み、(だん)(うえ)前輪(ぜんりん)をのせます。

 

2) さらに前進(ぜんしん)し、後輪(こうりん)(だん)にぶつかったところでハンドグリップを()()げずに、(だん)にそって後輪(こうりん)()()げます。

    できるだけ衝撃(しょうげき)(すく)なくするよう()をつけましょう。

 

 

(かい) (だん)

 

1) (くるま)いすを前向(まえむ)き(()りる(とき)(うし)()き)にし、ブレーキをかけて安全(あんぜん)確認(かくにん)します。

 

2) 介助者(かいじょしゃ)各自(かくじ)()()左右(さゆう)(うしろ))につき(くるま)いすを()()げます。

 

3) 歩調(ほちょう)()わせ、ゆっくり一歩(いっぽ)一歩(いっぽ)階段(かいだん)()がります。

 

 

介助者(かいじょしゃ)が4(にん)だと、ますます安心(あんしん)です。その場合(ばあい)(うし)ろの二人(ふたり)はハンドグリップとティッピングバーをしっかり()ちます。

 

(ちゅう)) ティッピングバーとレッグレストパイプを()ちます。(とく)にアームレスト、バックレストが()(はず)(しき)場合(ばあい)は、ここを()たないように注意(ちゅうい)します。

 

 

視力(しりょく)障害(しょうがい)のある(かた)との外出(がいしゅつ)について

 

視力(しりょく)障害(しょうがい)のある人達(ひとたち)外出(がいしゅつ)には、白杖(はくじょう)使用(しよう)してひとりで外出(がいしゅつ)する人達(ひとたち)盲導犬(もうどうけん)をパートナーとして外出(がいしゅつ)する人達(ひとたち)がいます。

しかし、不慣(ふな)れな(まち)歩行(ほこう)するときや道路上(どうろじょう)障害物(しょうがいぶつ)があったり、(くるま)自転車(じてんしゃ)往来(おうらい)(はげ)しい(とき)など外出(がいしゅつ)には危険(きけん)数多(かずおお)(あふ)れており、(まわ)りの(ひと)たちの適切(てきせつ)配慮(はいりょ)必要(ひつよう)(とき)があります。

このコーナーでは、視力(しりょく)障害(しょうがい)のある(ひと)たちが安心(あんしん)して外出(がいしゅつ)できるための配慮(はいりょ)をいくつかご紹介(しょうかい)します。

 

 

点字(てんじ)ブロックの確保(かくほ)

 

歩道(ほどう)などに黄色(きいろ)点字(てんじ)ブロックが設置(せっち)されていることはご存知(ぞんじ)ですか。(えき)のホームなどでよく()かけますよね。こうした(せつび)は、視力(しりょく)障害(しょうがい)人達(ひとたち)にとって、危険箇所(きけんかしょ)()らせたり、()()(ある)くために誘導(ゆうどう)してくれるとても大切(たいせつ)なものです。

安全(あんぜん)外出(がいしゅつ)のために点字(てんじ)ブロックの(うえ)はもちろんのことその(まわ)りには自転車(じてんしゃ)(もの)()かないようにしましょう。

近年(きんねん)公共(こうきょう)施設(しせつ)のみならず、民間(みんかん)施設(しせつ)(なか)にも点字(てんじ)ブロックや点字(てんじ)ボードを設置(せっち)するところが()えていますが、まだ(わず)かな地域(ちいき)建物(たてもの)(とど)まっています。

(みな)さんが点字(てんじ)ブロックを意識(いしき)していただくことによって、そのような場所(ばしょ)()えていくことを(ねが)っています。

 

盲導犬(もうどうけん)()()ったら

 

盲導犬(もうどうけん)はペットではありません。

視力(しりょく)障害(しょうがい)のある(ひと)にとっては(いのち)(まも)るパートナーです。

ですから、ハーネスという黄色(きいろ)盲導犬(もうどうけん)目印(めじるし)装着(そうちゃく)している(とき)は、視覚(しかく)障害(しょうがい)のある(ひと)安全(あんぜん)(みちび)くためのお仕事(しごと)をしている(とき)ですから、可愛(かわい)いからといって、えさを(あた)えることはもちろんのこと、(こえ)()けたり、

なでたりしないでください。

最近(さいきん)、テレビなどで盲導犬(もうどうけん)活動(かつどう)紹介(しょうかい)されていますが、関係者(かんけいしゃ)懸命(けんめい)努力(どりょく)(つづ)いている(なか)一頭(いっとう)一頭(いっとう)盲導犬(もうどうけん)視力(しりょく)障害(しょうがい)人達(ひとたち)歩行(ほこう)安全(あんぜん)役立(やくだ)つパートナーになるまでには(おお)くの時間(じかん)資金(しきん)必要(ひつよう)です。視力(しりょく)障害(しょうがい)(ひと)(たち)安心(あんしん)して外出(がいしゅつ)できる環境(かんきょう)()()すために、盲導犬(もうどうけん)普及(ふきゅう)(おお)くの支援(しえん)(のぞ)まれるところです。

 

 

(こま)っているところを()かけたら

 

もし、まわりに白杖(はくじょう)をもって、()往生(おうじょう)しているなど(こま)った様子(ようす)(ひと)()かけたら、 近寄(ちかよ)って、正面(しょうめん)からそっと (こえ)をかけてみてください。

たとえば・・・ 「よろしかったら、改札口(かいさつぐち)まで(かた)()しましょうか」 「どこかをお(さが)しですか。

よろしかったらご案内(あんない)します」などです。

そのときには、相手(あいて)(ひと)(すこ)距離(きょり)をおいて(こえ)をかけることも必要(ひつよう)です。

姿(すがた)()えない(ひと)突然(とつぜん)(ちか)くで(こえ)()けられたら(だれ)でもビックリするでしょう。

大切(たいせつ)なことはどのように親切(しんせつ)(こころ)をもっていても、案内(あんない)誘導(ゆうどう)などを無理強(むりじ)いしてはならないことです。

経験(けいけん)(すく)ない(ころ)には(すこ)しむずかしいかもしれませんが、このような(こえ)かけが(まち)にあふれてくることが、視力(しりょく)障害(しょうがい)のある(かた)だけでなく、(だれ)もが安心(あんしん)して()らせる(まち)には必要(ひつよう)なことだと(おも)います。

 

 

一緒(いっしょ)(ある)くときは…

 

信号(しんごう)(わた)るなど視力(しりょく)障害(しょうがい)(ひと)(ある)(とき)は、白杖(はくじょう)()っていない(がわ)(※一般的(いっぱんてき)には右側(みぎがわ)白杖(はくじょう)をもつ(ほう)(おお)い)に()ち、ひじ または (かた)のところを視力(しりょく)障害(しょうがい)のある(ひと)()()けてもらい、相手(あいて)歩調(ほちょう)()わせながら半歩(はんぽ)(さき)(ある)きます。

背中(せなか)(かた)(うし)ろから()したり、(つえ)衣服(いふく)をつかんで()()ったりするようなやり(かた)不安感(ふあんかん)恐怖感(きょうふかん)(あた)えますので、絶対(ぜったい)しないでください。

道路(どうろ)障害物(しょうがいぶつ)危険物(きけんぶつ)存在(そんざい)(まち)様子(ようす)()()人達(ひとたち)のことなどを説明(せつめい)しながら、(あか)るい雰囲気(ふんいき)をつくりながら安全(あんぜん)歩行(ほこう)継続(けいぞく)出来(でき)れば、視力(しりょく)障害(しょうがい)人達(ひとたち)にとって、外出(がいしゅつ)がより一層(いっそう)(たの)しいものになることでしょう。

できれば、歩行(ほこう)誘導(ゆうどう)する・・という気持(きも)ちよりも、()()った友人(ゆうじん)()()って(ある)く・・という気持(きも)ちをもって(おこな)うガイドヘルプができれば素敵(すてき)ですね。

 

 

聴力(ちょうりょく)障害(しょうがい)のある(かた)とのコミュニケーション

 

 

はじめに

 

(みみ)不自由(ふじゆう)(かた)とのコミュニケーションを(ゆた)かなものにするためには、(わたし)たちがいくつかの簡単(かんたん)配慮(はいりょ)(おこな)

ことによって、もっとスムーズに(おこな)うことができます。

そのポイントをご紹介(しょうかい)します。

 

 

コミュニケーションの方法

 

(みみ)不自由(ふじゆう)(かた)とのコミュニケーション(ほう)には、@読話(どくわ)口話(こうわ))、A手話(しゅわ)( 指文字(ゆびもじ)・ジェスチャー)、B筆談(ひつだん)( 空書(くうしょ))、C手話(しゅわ)通訳士(つうやくし)(かい)す、D FAX(ファックス)電子(でんし)メール、Eトータルコミュニケーションなどが()げられます。

 

@読話(どくわ)口話(こうわ)

相手(あいて)(くちびる)(かたち)(うご)きを()みとって、相手(あいて)言葉(ことば)理解(りかい)する方法(ほうほう)読話(どくわ)といいます。

読話(どくわ)では訓練(くんれん)必要(ひつよう)で、神経(しんけい)集中(しゅうちゅう)しなくてはならないため、長時間(ちょうじかん)会話(かいわ)には(てき)していないでしょう。

 

A手話(しゅわ)( 指文字(ゆびもじ)・ジェスチャー)

手話(しゅわ)は、音声(おんせい)言語(げんご)(まった)(べつ)体系(たいけい)()った手指(しゅし)動作(どうさ)(など)表現(ひょうげん)する独自(どくじ)言語(げんご)で「手指法(しゅしほう)」ともいわれ、()(うご)きを中心(ちゅうしん)として、身振(みぶ)り・表情(ひょうじょう)概念(がいねん)意思(いし)(つた)えるもので、(みみ)不自由(ふじゆう)(あkた)とのコミュニケーション方法(ほうほう)として(もっと)一般的(いっぱんてき)です。

しかし、手話(しゅわ)のできる(かた)(かぎ)られており、すべての(みみ)不自由(ふじゆう)(かた)ができるわけではありません。

 

B手話通訳者(しゅわつうやくしゃ)(かい)

手話通(しゅわつう)訳者(やくしゃ)は、聴覚(ちょうかく)障害者(しょうがいしゃ)健聴者(けんちょうしゃ)との(あいだ)()って通訳(つうやく)をし、スムーズなコミュニケーションに重要(じゅうよう)(やくわり)(にな)っています。

筆記(ひっき)試験(しけん)実技(じつぎ)試験(しけん)による厚労省(こうろうょう)公認(こうにん)試験(しけん)制度(せいど)があり、手話(しゅわ)(かん)する専門的(せんもん)知識(ちしき)技術(ぎじゅつ)要求(ようきゅう)されます。

 

C筆談(ひつだん)( 空書(くうしょ))

(かみ)文字(もじ)()方法(ほうほう)のほか、(ちゅう)文字(もじ)()空書(くうしょ)という方法(ほうほう)使(つか)われます。

うるさい場所(ばしょ)補聴器(ほちょうき)使用(しよう)できない場合(ばあい)便利(べんり)で、わかりづらい言葉(ことば)伝達(でんたつ)にも活用(かつよう)できます。

 

D FAX(ファックス)電子(でんし)メール

(みみ)不自由(ふじゆう)(かた)は、電話(でんわ)使用(しよう)しにくいため、一般的(いっぱんてき)FAX(ファックス) やメールを(もち)います。

ですから、通知(つうち)印刷物(いんさつぶつ)などにも、FAX(ファックス) 番号(ばんごう)やメールアドレスなどをできるだけ表記(ひょうき)しましょう。

最近(さいきん)では、簡易(かんい)筆談器(ひつだんき)携帯電話(けいたいでんわ)普及(ふきゅう)から、筆談(ひつだん)()わりとして普及(ふきゅう)しているようです。

 

Eトータルコミュニケーション

トータルコミュニケーションは、確実(かくじつ)なコミュニケーションの成立(せいりつ)のために、上記(じょうき)方法(ほうほう)をはじめ利用(りよう)できるすべてのコミュニケーション手段(しゅだん)使用(しよう)することを()しています。

 

(みみ)不自由(ふじゆう)(かた)とのコミュニケーションで一番(いちばん)大切(たいせつ)なのは、「相手(あいて)()いたいことを()姿勢(しせい)」と「その(あkた)(のぞ)むコミュニケーション方法(ほうほう)理解(りかい)」です。

まず、ご本人(ほんにん)に、どういう方法(ほうほう)()いのかを()くことからはじめましょう。

 

 

コミュニケーションをするための配慮(はいりょ)

 

まず、()びかけをするときには、(こえ)だと()こえない場合(ばあい)があるので、(かた)(かる)くたたくか、テーブルを(かる)くたたいたりして注意(ちゅうい)()きましょう。

(かれ)らにとって、だれか自分(じぶん)(はな)しかけてきているということを()るのは非常(ひじょう)重要(じゅうよう)なことです。

 

相手(あいて)からよく()える場所(ばしょ)移動(いどう)し、お(たが)いが()えるようにしましょう。

あなたの(かお)がよく()えるように、正面(しょうめん)から(はな)しかけてください。

 

(はな)()(かお)表情(ひょうじょう)(くち)(うご)きは(みみ)不自由(ふじゆう)(かた)にとって非常(ひじょう)重要(じゅうよう)です。

(ただ)し、理解度(りかいど)(そこ)なうことがありますので、必要(ひつよう)以上(いじょう)強調(きょうちょう)しないようにしましょう。

 

(もの)()べたり、ガムを()んだり、またタバコを()って(はな)さないようにしてください。

これらの行為(こうい)によって、あなたが()っていることがさらに理解(りかい)しづらくなります。

 

適度(てきど)なスピードではっきり(はな)し、(さけ)んだり、ぼそぼそと(はな)さないようにしてください。

 

3 (にん)以上(いじょう)(とき) 2 ()一緒(いっしょ)(はな)しかけず、1 ()1(ひとり)ずつ(はな)しましょう。

 

(さわ)がしい場所(ばしょ)(はな)すことは、()けましょう。

 

誤解(ごかい)()けるために、大事(だいじ)なことは確認(かくにん)するようにしましょう。言葉(ことば)によって、意味(いみ)がわかりづらいこともあります。

 

()(かえ)しても理解(りかい)ができない(とき)は、(ちが)言葉(ことば)使(つか)って()(なお)しましょう。

 

 

口話(こうわ)場合(ばあい)配慮(はいりょ)

ゆっくり、(くち)(かたち)をはっきりとすると相手(あいて)理解(りかい)しやすいです。

しかし、大声(おおごえ)()すと、補聴器(ほちょうき)極端(きょくたん)増幅(ぞうふく)された音声(おんせい)をカットするため((みみ)安全(あんぜん)(まも)るため)、(ぎゃく)()()りにくくなることがあります。

今日(きょう)()天気(てんき)です』は、「今日(きょう)は・()い・天気(てんき)です」というように区切(くぎ)りながらしゃべると相手(あいて)理解(りかい)しやすいです。

しかし、「き・ょ・う・は・よ・い・て・ん・き・で・す」 と(こま)かく(くぎ)りすぎると、(ぎゃく)相手(あいて)理解(りかい)できなくなります。

また、ザワザワしている(ところ)は、()雑音(ざつおん)(みみ)(はい)るため、相手(あいて)理解(りかい)しにくくなります。

聴覚(ちょうかく)障害者(しょうがいしゃ)補聴器(ほちょうき)をつけると、雑音(ざつおん)一緒(いっしょ)(みみ)(はい)り、雑音(ざつおん)だけをカットすることはできません。)

ジェスチャーも交えながら(はな)すともっと()いでしょう。

 

 

筆談(ひつだん)場合(ばあい)配慮(はいりょ)

できれば、()かい()って(すわ)るのではなく、(となり)かコーナー(がわ)(すわ)ります。(()かい()った状態(じょうたい)では、()(がわ)()()(がわ)()正反対(せいはんたい)なのでわかりにくいです。)

聴覚(ちょうかく)障害者(しょうがいしゃ)(なか)には、言葉(ことば)理解(りかい)苦手(にがて)(ひと)もいます。

筆談(ひつだん)では、一文(いちぶん)(みじか)くするようにし、二重(にじゅう)否定(ひてい)や、あいまいな表現(ひょうげん)使(つか)わないようにしましょう。


姫路福祉マップをつくる会

<<住所>>

〒672-8051 
兵庫県姫路市飾磨区清水三丁目
34番地 松岡ハイツ1階1号
「障害福祉サービス事業所くるみ」内

<<電話・fax>> (079-280-1953)